« 2006年11月 | トップページ | 2007年4月 »

2006年12月26日 (火)

『のだめカンタービレ』最終回

ついに最終回となりましたね。

最終回を見て、つくづく感じ入ってしまったのは、このドラマはやはり「千秋」のドラマだったということでした。

わたしは、もちろん第1回の感想でも述べたように、このドラマを見たきっかけはのだめこと、上野樹里の演技を観たかったからです。上野の演技はまったく期待を裏切るものではなく、今まで以上に大いにうならされるものでした。 しかし、今回のこのドラマに限れば、これはやはり千秋のドラマ――もっと言えば玉木宏のドラマだったように思います。上野の演技は上野の持ち味が十分引き出されたものでしたが、漫画を読めばわかるように、やはりこのドラマの流れはどうしたって千秋が主軸であり、だからこそ千秋のドラマということは、ある意味で当たり前なのでしょう。

そして今回のドラマの成功――わたしは成功だと思っています――は、まさに千秋の主軸性がきちんと通っていたからだと思っています。 そして、さらにもう一つ言えば玉木宏の今回の好演が、それを支えていたと言っていいのではないでしょうか。甘いマスクと決して照れずにやりきったギャグ演技の好対照によって、単なる二枚目男優以上の付加価値を見せつけたように思います。

それでは、今回のストーリーを概略追ってみてゆきます。

今回は、先週のラストシーンでの大事なシーンから始まりました。のだめがコンクールでトップを取れなくて落ち込んで帰りかけているときに、千秋はのだめが初めて音楽と正面から向き合っている姿を確認して、ついに言います。

「ヨーロッパに一緒に来ないか」。

彼にとっては、初めて恋の告白をするかのようなドキドキものの誘いでした(しかも、予定では簡単に承諾するはずだったのです。はははっ)。 しかし、あっさりのだめは断ります。本当にそれでいいの? って思うくらいに(笑)。

ところで、ここでのだめはこのドラマの通奏低音のように物語るある一つの象徴された言葉を訴えます。

「音楽を自由に楽しく弾いて何がわるいんですか?」

このドラマに深みを与えているのは、多分、このテーマが下敷きになっているからだと思います。このテーマは、いつの時代にもあるのではないでしょうか。 かたや、楽しければ下手でも何でもいいじゃないか、という楽しめればなんでもいい派、そしてかたや、やるからにはきちんと間違いのない、いいかげんではない演奏じゃなければ音楽ではない、という人たち。 どちらがいいか、などなかなか言えません。TPOで違うという意見も出るでしょうし、おそらく議論は百出しそうです。

でも、こののだめによってこの基本的な音楽についての問題をきちんと世間に伝えられたのはよかったように思います。もっとも大半の視聴者にとっては、これもどっちでもいいんですけどね(笑)。

さて、今回初登場ののだめ一家についてもどうしたってコメントせざるを得ません(笑)。

いやあ、なかなか強烈な一家でありました。のだめがとっても小さく感じるほどでしたね。こういう一家がおそらく九州のどこかにあるのでしょう。そういう感じがとっても出ていたように思います。そういう意味ではリアルでした(笑)。 そんな家族なのにのだめの部屋にあるピアノの調律はちゃんと済ませているんでからね。すっげぇー。感心!

すっかり将来の希望を失ったのだめに23件もの携帯メールをくれた江藤先生。 ここは、やはりあの「プリごろ太NEWS」について触れなくてはいけないのでしょう(笑)。 こういう機転は実生活でもかなり効果的なものです。正攻法でなかなかうまく行かない若者はぜひ勉強しておきましょう(笑)。

ところで、ちょっと意外だったのは、のだめを追う千秋を知りながらあの真澄がそのまま許すシーンでした。彼の立場が初めてきちんと示されたシーンということもできます。

さあ、今回のドラマのストーリー上のクライマックスはこうでした。 大川まで会いに行った千秋ですが、タクシーに乗っていてついにのだめと接近遭遇します。それもほんのすぐそばでした。ケイタイでお互いに話し合いながら、ついに千秋はのだめのすぐそばに来ます。そして、のだめのパリ行きの話を聞くうちに、後ろからガッシと抱きしめてついに思いのたけを叫ぶのです。

「絶対に受かれ。おれと一緒にヨーロッパに行こう。俺様を二度と振ったら許さないぞ」

うーん、ドラマ的にはなかなかよいシーンだったと思います。 しかし、残念ながら上野があまりに幼なすぎたかな、って思っちゃいました。千秋の思いいれの強さに対して、のだめの受け方があまりに軽いと感じたのは私だけでしょうか。もっとも、あれはあれでいいとする方もいらっしゃるとは思いますが……。

そういう意味では、峰と三木清良のお別れシーンでの「俺はコン・マス争いをしてみせる」と宣言する峰に対して、ややあって「うん」と応える水川の間の取り方とその表情にはかなり大人な恋愛を感じさせるものがありました。これからの彼女の可能性を感じます。

さあ、本当に最後のクライマックスに来ました。R☆Sオーケストラの演奏会です。

まず、リハーサルから本番までが連続して映し出されたサラ・サーテ「カルメン幻想曲」は清良――真っ赤なドレスが素晴らしい――をフィーチャしながらも、これまでの同窓会的なストーリーを振り返る序曲でした。それにしても、やはりサラ・サーテの曲ですね。わたしは「チゴイネルワイゼン」くらいしか聞いたことがなく、もちろんこの曲も知りませんでしたが、聴いているだけで独特のリズム感と妖しい世界に引き込まれました。

そうこうするうちに、ついにベト7です。 いやあ、いいですねぇ。ベト7がこれほど焦点を浴びたドラマはなかったでしょうし、今後もまずないと思います。これだったら、わたしの好きなベト8もやってほしかったような気がします。それに千秋=玉木の指揮ぶりが見事に上達していることには驚かされました。

それはともかく、 千秋の独白でやはり最後は〆られます。

「おれを大きく変えてくれたこのオーケストラ、みんなに感謝の気持ちを……。素晴らしいオーケストラ、さあ、謳おう、今できる最高の音楽を」

最初のころにも述べましたが、このドラマのテーマは一貫しています。 すなわち、「音楽は、楽しくなくては音楽ではない。でも、楽しむにはきちんとその音楽に向き合う必要がある」という、中学時代にブラスバンドを少しかじった程度のわたしから言わせると、とってもむずかしいテーマを扱っているわけで、そのためにちょっとしたせりふもなかなか簡単に見過ごすことのできないドラマとなっていました。

そして、もう一つ。このドラマによってどれだけ多くの人々がクラシックの素晴らしさを再確認したか。これは私自身を振り返ってみても確実にいえることでしょう。そういう意味で、稀有なドラマといっていいのではないでしょうか。

何はともあれ、主演のおふたり、上野樹里さん、玉木宏さん、見ごたえのある演技をありがとう。お2人とも素晴らしかったです。

そして、今回なによりも特筆すべきは、やはりスタッフの皆さんの努力です。
こんなにスタッフの苦労の伝わるドラマも珍しい。その奮闘努力にごくろうさまのねぎらいの言葉を心より贈りたいと思います。(拍手)

| | コメント (1) | トラックバック (9)

2006年12月20日 (水)

『のだめカンタービレ』第10回

ショパンのエチュードの「適当な」演奏で終わった前回のシーンから、今回は始まりました。がっくりくる江藤先生を尻目に、今度はドビュッシーの「喜びの島」を出色の出来で演奏しきれたのだめ

ひやひやの江藤先生、そしてのだめも自信はありません。

そんなこともものかわ、何とか28番ののだめの番号が最終選考に入っていました。とにかく、全員ほっとした瞬間です。視聴者としては最後までのだめのピアノが聴けるのでうれしいところです。

一方、千秋はついにヨーロッパへ行く決心をします。そして、その前に日本でやっておくべきことを確認しました。それは、あの最初のSオケで指揮棒をふったベト7(べとしち)――ベートーベン交響曲第七番を最後までしっかりコンダクトすることでした。

R☆Sオーケストラの評判は日に日に高まり、チケットもさることながらどうやらオケに入りたい学生が相変わらず押しかけます。そんな中で、自信にあふれつつもやはりこのオケに魅入られたひとりのバイオリニストの登場です。ブッフォン国際バイオリン・コンクールという明らかに実績からいうと今のコン・ミスである清良の格上となる高橋紀之でした。しかも、なんと真澄と同じ趣味――つまりホモ・セクシュアルのもようです。シャツを脱ぐ千秋にも早速魅入られたようです(笑)。それにしても、えらい露骨な高橋くんでした。

それはともかく、みんなの前でバイオリンの腕を披露しますが、これがやはり見事なもの。しかも、弾き終わったあと、あろうことかコン・ミスの清良を前にして「僕のほうがこのコンミスよりうまいでしょ」と挑発的な言辞を吐きます。ひそかに清良に対して早く日本を離れウイーンでバイオリン修行をしたほうがよいと思っていた恋人の峰がすかさず高橋の肩をつかみ、「コン・マスは君だ」と宣言します。まあ、千秋とのだめだけの恋だけでなく、峰と清良の恋にも少し触れてみたというところです。

さあ、のだめに戻ります。
最終選考におけるピアノ演奏が始まりました。

この大会の優勝候補であり、しかものだめの幼児時代からのライバルである瀬川悠人の演奏が開始されました。正確な演奏、ミスのない演奏という評価をナレーションされるなか、一人オクレール先生はつぶやきます。

「彼は何におびえているんだろうか」と。

へ~ぇ、そんな演奏なんだ、ってよくわからないままに聴いていました。おびえた音なんでしょうか。わたしには、まったくわかりません。しかし、偉いオクレール先生がのたまうのですから、きっとおびえの籠もった演奏なんでしょう(笑)。

んじゃ、何に? って、それはもう決まっています。幼児のころから抱いてきたのだめに対する劣等感、つまりのだめへのおびえ、っていうことなんでしょうね。人間は3~5歳で脳に刷り込まれたことは一生消えないそうですから、悠人君の不安はさぞ大きなものだったのでしょう。

いよいよのだめの演奏です。最初はシューマンのピアノソナタ第2番。

今回もこれらの曲は聴いたことがないのですが、いずれも心地いいものでした。ほんのさわりだけなのですが、もっと聴いてみたいという気にさせてくれます。きっと演奏している方もすごい弾き手なのでしょう。

江藤先生は、ファイナルにもう1曲ストラヴインスキーの「ペトルーシュカ」を選んでくれたのですが、たった2日では覚えきれず、シューマンだけで終わって帰れ、と指示していました。しかし、のだめは観客席のなかに千秋を見てしまったのです。そう、のだめがこのコンクールで一位となってお金を得たいのは、この千秋と一緒にヨーロッパに行きたいという意図があったからでした。

決意を固めてのだめはついに江藤先生からは「無理だから止めろ」と言われていた最後の曲「ペトルーシュカ」を弾き始めてしまいます。もう、後戻りは効きません。

しかし、なんと見事な演奏でしょう。なめらかに、そしてきらびやかに、めくるめくような演奏です。

あ、ところが、です。途中ではたと止まってしまいました。

実は、会場までのバスの中でこの曲を譜面を見ながら練習していたのです。そのときに、この譜面の今のところで傍らの席に座っていたサラリーマンの携帯電話が鳴り、その着メロが「今日の料理」だったのです。ですから、耳から覚えるタイプののだめは、ここの部分でどうしても「今日の料理」のメロディーしか思い出せないのです。

ややあって、しかたなくのだめは「今日の料理」を弾いてしまいます。それにしても、ピアノによる重厚な感じの「きょうの料理」でしたね(笑)。漫画では単に作曲したことになっていたところですが、こっちのほうがわかりやすかったかもしれません。

しかし、耳から覚えるのだめですから、この料理の曲が終わればまた元に戻れるわけで、結局、ペトルーシュカは残りの部分を最後まで弾いて終わることができました。「きょうの料理」以外は見事な演奏でしめくくれたようです。

自分のトップがなくなったことを悟ったのだめはショックのあまりそそくさと会場を後にします。千秋がなぐさめかたがた、後を追って「ヨーロッパに行かないか」と誘うのですが、なんとここでのだめは「遊ぶ金ほしさでコンクールに出たんですよ」と言ってしまいます。あれ?、こんなこと言っていいんですかね。

マラドーナ・コンクールの選考結果は、意外なものでした。1位がない2位が最高位で瀬川君がとりました。しかし、1位がないのは明らかにあの「きょうの料理」さえなければ、のだめが優勝だったということを意味しているようです。

めでたし、めでたし。――ん、何で?(笑)

それにしても、最近はストーリー展開もさることながら、バックに流れる音楽のよさにうっとりすることが多くなりました。また、クラシックをゆっくり聴いてみようかな、なんて思ったりしています。

とくに、今回の最後のシーン、千秋がまさにこれからベト7を振ろうという、そこまでに至るモノローグのバックに流れるピアノ・バージョンのベト7――これが最高。あそこで止めないで、もうワーッとオケでクライマックスまで演奏してほしかったのは、わたしだけではなかったでしょう。しかし、そういう意味でもこのドラマの音楽の演出もなかなか凝っていますよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

『のだめカンターピレ』第9回

今回はまさに満を持してののだめのピアノ特集でしたね。ようやくピアニストのだめを思いっきりフィーチャした回でした。

今回ののだめの弾いた曲は以下の3曲だそうです。

ショパン:エチュード
ドビュッシー:喜びの島.
シューベルト:ピアノソナタ第16番

それにしても、関西弁の江藤先生はもうちょっと自然に話せるキャストのほうがよかったような……。

さて、R&Sオーケストラは大評判で、ついに次回公演が決まりました。そして、オケのメンバーになりたい学生たちが押し寄せます。千秋の力が俄然認められた瞬間でもあります。 さて、そうこうするうちにあのシュトレーゼマンがお忍びで来日しました。

そして、千秋にこうささやくんですね。

「なぜ長岡真紀の写真集を送ってこない」

わっはっは。シナリオ最高!  

シュトレーゼマンはすぐにヨーロッパに来るように指令を出します。しかし、千秋は逡巡してしまいます。まだ、覚悟ができていないようです。

一方、のだめはマラドーナ・ピアノ・コンクール用にシューベルトのピアノソナタを懸命に練習しています。

ここで思ったのですが、音楽演奏家は作曲者の楽譜と対話しているんですね。こういうところはまったくわかりませんでした。わたしも数年義務教育時代にトランペットを吹いていましたが、この程度の経験ではまったくわからない世界でした。

うーん、それにしても、のだめは言います。シューベルトは気難しい人だと。何だかわかるような気がするだけに、音楽のコミュニケーションっておもしろいんだろうな、って思いました。

それはともかく、今回このシューベルトのピアノソナタは気持ちよく聞かせてくれたと思います。よかった。です。 この場面で漫画ではフランス留学時代にかなりのVIPとなるオクレール先生が登場していました。

さあ、のだめと千秋の恋愛におけるかなりのターニングポイントの映像です。 のだめがヨーロッパにいけるようになった千秋に説教するシーンです。

「 人のせいにしてぬるいことをいってんじゃないですよ。先輩は世界に行くべき人なのに。――愚図愚図しとるんじゃなかっ。けつの穴の小さか男たいね」

と啖呵を切ります。こういうシーンってなかなか気持ちいいですね。とくに千秋がけっこう優柔不断さを示すシーンだっただけに効果的でしたね。

さて、ショパンのエチュードに挑戦することになったのだめ。実は、のだめは小さいころに既にこの曲を弾いていた。が……。これには彼女のつらい過去、というかトラウマを受けたとも言うべきドラマがあったのだった。 そして、このことが実はこのマラドーナコンクールの失敗につながるのだ――って、これは確か原作とは違うんですよね。こういうふうにしないとうまく終われないということなんでしょうか。でも、やはりちょっと違和感はありました。

それにしても、瀬川悠人君に出会ったシーンでベートーベンの田園交響曲の嵐の楽章がバックで流れるなんて、ここでも名曲をふんだんに聞かせてくれます。

今回はショパンのエチュードのとっても早い演奏、江藤先生いわく「なんて適当な演奏」で終わりましたね。さあ、今後はどのようにまとめるのでしょうか。 ちょっとここのところ、少し原作と違う展開をせざるを得なくて少し息切れした感じは否めないように思います。胸突き八丁、スタッフの方々、がんばってください(笑)。

最後に上野樹里の演技でよかったシーン。焼肉屋で坪井君におだてらて、「レバ刺し食べますか」って言うシーン。この言い方はとっても彼女らしい名演技だったと個人的に評価しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

『のだめカンタービレ』第8回

今回は黒木君のオーボエ協奏曲とプラームス交響曲第1番がメインディッシュという構成でした。

才能ある学生によるR&Sオーケストラが結成されたはいいけど、そこは才能ある演奏者集団だけあって、ソリストを目指す学生たちはコンクール優先。そんな気分を察知した千秋はコンクールが終わるまでオケの練習を休止しました。そして、自分は一人部屋にこもってスコア(総譜)に立ち向かっていったのです。すごいですね。「たとえあした終わるオケだとしても、この時間が無駄になることはない」という決心。わが身に振り返って考えれば簡単なせりふではありますが、なかなか言えないせりふです。

ところで、この一心不乱にスコアに向かっていた千秋は、いったい何を書き込んでいるんでしょう。わたしは、指揮者がどういうふうに曲を組み立て、それをスコアにどのように書き込んでいくのか知りませんのでとっても興味があります。何をしているのか、さわりだけでも教えてくれたらいいのに、って思いました。

コンクールでは、バイオリンの三木清良が2位、オーボエの黒木は選外という当人にとっては悲惨な結果で終わったようです。清良は人生初の寝違えが原因、黒木はボーっとのだめへの失恋に気をとられて大事なリードを水に漬けすぎていたということでしたね。はははっ。しようがないよね、こういうこともあります。でも、大事なのはここで実力がないわけでない、っていうところをさりげなく訴えているというところでしょうか。

さあ、コンクールも終えて鬼の千秋が戻ってきました。オケのメンバーにも気迫が伝染します。

そして、いよいよ演奏会の日がやってきました。おっと、千秋の母に黒田知永子さんが登場。最近は女優もやるんですね。おきれいな方です。

オーボエ協奏曲もよかったですが、やはりブラ1は見ごたえ、聴きごたえのあるシーン満載でした。細かくみるといろいろ突っ込みたいところはありそうですが、まず印象としては悪くなかったように思います。ただ、この演奏に入るまえに千秋やR&Sオケ各員のようすを映すバックになんと「ボレロ」が流れていたのですが、これは選曲ミスだったように思います。曲のほうが勝ってしまって、映しだされた物語に集中しにくくなっていたのではないでしょうか。それほど、インパクトのある曲ですからね。できれば、「ボレロ」も演奏会の曲目としてやってほしかったなぁ。

R&Sオケ演奏以外のストーリー展開についても一言、二言。

のだめが江藤先生からいよいよ本格的な指導を受ける序曲的なシーンがちらほらと映し出されていました。

そして、もう一つ重要なテーマである千秋の「飛行機恐怖症」をのだめが催眠術で治してしまうという「そんなバナナ」の話。漫画ですから許されます(笑)。それにしても、千秋がすぐにど素人ののだめの催眠術にかかってしまうって、何? これも漫画っていうことですね。おかげで展開がスムース?に進行しているようです。

さあ、次回はおそらく江藤先生からしごきを受けるのだめ中心の展開なのでしょうか。
そして、千秋は海外へ雄飛できるのでしょうか。

もうわずかしか残されていないので、とにかく最後まで見届けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年4月 »